日本全国対応します!

現在、海外口座やオフショアファンドで海外投資を行っている

投資家の皆様へ。

あなたは今、下記のようなことでお悩みではありませんか?

  • 海外ファンドや海外口座を解約したいが、どうしたらいいのかわからない。
  • 海外のファンドの購入や海外口座の開設をしたときのエージェントと連絡が取れない。
  • 海外の銀行から大口の海外送金をしたいが、マネーロンダリング対策のためという理由で、様々な必要書類を追加しないと送金できないといわれた(海外送金トラブル)。
  • アメリカのUnclaimed Property(未請求資産)を取り戻したい。
  • 取引先の外国企業から登記簿謄本を公証し、アポスティーユ・領事認証を取得してくれと言われた。
  • 被相続人が海外の銀行口座や海外の不動産を所有していたが、海外の銀行口座や海外の不動産の相続手続きがとれない
  • 父母が契約していた香港の生命保険の受け取りをしたいが、必要書類がわからない。
  • FATCAの書類の書き方がわからない。
  • 海外口座を持っており、海外の金融機関からパスポートの認証が必要という手紙が来た。
  • 海外の銀行口座やファンドが凍結(ロック)されてしまった。
  • アメリカの休眠預金口座の凍結解除を行いたい。
  • 香港やシンガポール等に優良なファンドがあると紹介されたが、連絡がつかなくなった。
  • 海外口座の銀行のATMカードやセキュリティデバイスが使えなくなった。
  • 海外の法人と取引をしたいが、本当に会社が存在するか海外法人の登記簿謄本を請求して調査したい。

 実は、上記の問題は95%以上解決可能です。

上記のような問題でお困りでしたら、まずはご相談ください。

国際法務手続きのプロが、貴方にとって最適の方法を提案いたします。

現在、海外口座開設後のトラブル・海外投資ファンド解約の

相談予約受付中。

一人で悩まず、まずはお電話下さい!

主催:フロンティア総合国際法務事務所

相談可能日時:平日10:00~19:00 土曜日13:00~17:00

場所:大阪市北区芝田1丁目4-17 梅田エステートビル2F会議室(阪急梅田駅茶屋町口より徒歩2分,DDハウス隣のビル)

(※相談は予約制です。お電話での相談も可能ですが、30分5400円かかります(※事前振込制)のでご了承ください)

対象:HSBC香港、シンガポール、アメリカ、中国等の海外口座の解約、口座凍結、セキュリティデバイスやキャッシュカードの紛失等、海外口座のトラブルや違法な海外投資業者による海外投資ファンド詐欺等、オフショア投資トラブルでお悩みの方。

参加方法:電話予約(TEL:06-6375-2313)の上、指定の時間帯に来所してください。

↑↑↑

来所の際は、上の地図をプリントアウトしてお持ち頂くと便利です)

海外投資のトラブルが年々増加しています

近年、「HSBC香港資産運用!」「オフショアの海外ファンドに投資して資産運用!」等の触れ込みを見て、海外口座を開設する日本人が増加しています。

しかし、多くの方はせっかく香港やシンガポール等に銀行口座開設をしたのに、そのまま普通預金で放置状態になっている方が多いです。

そして、海外銀行口座を開設後、1、2年経つと、銀行から恐ろしいメールが届きます。

「貴方の口座は長期間使われておりませんので、1ヶ月後に凍結します」と。

しかし、文書は英語や中国語で書かれていますし、どうしたらいいのかわからず、数ヶ月が経過し、インターネットバンキングにもログインできない、お金も引き出せない、そんな事態に陥ります。

そうして、大事なお金は銀行の預り資産となってしまい、国によっては一旦政府の歳入庁に移管されてしまいます。

そうなると、ケースによっては裁判手続き等で取り戻しを行う等の方法をとらざるを得ないこともあり、大変な手間と費用がかかります。

これでは、何の為に口座を開設したのかわかりませんよね。

そこで、当事務所は、このような海外口座のトラブルを解決するためのサポートを行っております。

当事務所にご依頼いただければ、自分ではどうしたらいいかわからなかったHSBC香港等の口座解約、口座凍結からの回復、セキュリティデバイスやキャッシュカードの紛失等、海外口座の開設に伴うトラブルを迅速に解決いたします。もちろん英語や中国語での対応可能です。

また、国内の低金利を背景に、高利回りをうたい、香港やシンガポール、ケイマン島等のファンドの勧誘をする業者も多いです。

しかしながら、これらの業者の大多数は、金融庁への登録を行っていない業者が多いです。

そして、このような業者に勧誘されたファンドに投資した場合、仮に業者が業務停止処分を受けたりすれば、後の手続きは全部自分で、しかも外国語で行わなければいけません。

これは非常に困難なことではないでしょうか。

当事務所には、金融商品取引法や海外投資に詳しく、英語を話せる行政書士が常駐していますので、外国のファンド会社とのやりとりを任せられます。

海外口座のトラブルでお悩みの方は、一人で悩まず、是非一度ご相談ください。

               フロンティア総合国際法務事務所
行政書士 田上 創

当センターに海外投資のトラブル解決手続きを依頼する5つのメリット

当センターに海外投資のトラブル解決手続きをご依頼いただくと、一般に以下のようなメリットがあります。

1、手続きにかかる時間が大幅に短縮され、仕事や事業に専念できる。

人の一生のうちで、海外投資のトラブルに遭遇することはそう多くはありません。中には自分で手続きのための書類を一生懸命作成しようとされる方も多いようです。

しかし、HSBC香港銀行預金の解約や海外ファンドの解約手続きは簡単ではなく、極めて高度な専門知識、語学力を要求されます。英文でのメールのやりとりを数十回も繰り返し、結局解決できず、へとへとになってしまいます。

実際、当事務所に来る依頼者にも、「海外ファンドの解約手続きは自分でやってみようとしたが、どうしたらいいのかわからなくなったので手続き代行をお願いしたい」という方が多いです。

海外口座の解約や海外ファンドの解約は大きな財産が動く問題ですので、処理を誤ると大きな損害がでたり、いつまでも財産が引き出せない等の問題が生じてきます。できれば出費は抑えたいところですが、専門家の知識をうまく利用して、円満、迅速な手続きをしていただければと考えています。

2、海外口座、海外ファンドに関する様々な問題を一括サポート!行政書士・弁護士・司法書士・社労士・税理士が送金手続き完了までワンストップサービスを提供します。

海外投資のトラブルには多くのパターンがあり、税金・不動産の名義変更、預貯金の解約等、様々な悩みが生じてきます。

しかし、これら全ての悩みをトータルでサポートできる事務所はまだまだ少ないのが現状です。

そこで、当事務所に海外投資についての手続きを依頼された場合、弁護士、税理士、司法書士等日本の各士業、さらには海外の弁護士事務所、会計事務所のパートナーと連携して海外相続手続きがスムーズにいくよう、良心的な価格で様々なサービスを提供します。

3、正確、迅速な翻訳(英語、中国語、韓国語等)に対応。

海外投資のトラブル解決手続きの難しいひとつの理由に、言葉の壁があり、現地の担当者とのコミュニケーションがうまくいかない、またメール、レターや法務文書が外国語で書かれているため、遺族の方は理解できず、手続きがうまくいかないことが往々にして生じます。

例えば、DBS銀行口座預金の解約やケイマン諸島等のタックスヘイブンで運用されているファンドをひとつ解約するだけでも、ファンド運営会社の担当者と何度も英語のやりとりを行い、英語の認証文の作成等を行う必要がありますので、相当の語学力がないと個人では手続きができません。

しかし、当センターは英語、中国語、韓国語の優秀な翻訳者をそろえており、専門家も外国語での対応が可能です。

そのため、海外の担当者との文書のやりとり、法律文書の迅速な翻訳が可能ですので、海外手続きか迅速、円滑に行えます。

4.サービスの費用・報酬体系が明確。

たまに聞くのが、はじめは安い費用で大丈夫と言っていたのに、後で多大な報酬を請求されたという不満です。しかし、当事務所では、サービス費用を明示しておりますので、相続手続き等のサービス終了後に不明確な理由で多くの追加費用を請求したりすることはありません。安心してご依頼ください。

5.全世界から情報収集し、難しい案件にも対応。

海外投資のトラブル解決というのは、海外の書類を取寄せたり、法律を調査したりと、もともと難しいものが多いです。それに加え、証明書に誤記があって訂正が必要となったり等次々と問題が出てきます。

当事務所でも初めての話が次々とでてきますが、専門家の知識、ネットワークを生かし、粘り強くサポートいたします。

確かに一定の費用はかかりますが、当事務所は「依頼者に支払っていただいた費用以上のメリットをお返しする」をモットーに、「海外投資トラブル解決手続きサポートNO.1事務所」を目指し、日々サービスの改善に努めています。

複雑な海外投資のトラブル解決に対し、当センターは全力でサポートいたしますので、どんな小さなことでも、お気軽にご相談下さい。

一般的なサービスの流れ

当事務所にご依頼いただいた場合の一般的な業務の流れは以下の通りです。

業務の完了までは、通常数ヶ月かかることが多く、ケースによってはそれ以上にかなり長くの期間がかかることがありますが、10年以上の業務経験で培ったノウハウと不屈の精神でほぼ100%業務を完了させております。

1.お問い合わせ

まずはお問い合わせフォームよりお申し込みください。折り返しご連絡いたします。

2.海外口座、ファンド解約サポート費用のお支払い、手続き着手

お申込書の送付と、サポート費用のお振込を願いいたします。

入金確認後、解約手続きに必要な書類と、ご請求書をご連絡いたします。現在の状況から必要な書類がはっきりとしない場合は、海外のファンド会社や銀行に直接問い合わせて、解約申請書類と解約に必要な書類を調査いたします。

3.必要書類の準備

当事務所より指定した必要書類を送付していただきます。

4.海外のファンド会社や銀行とのやりとりをサポート

必要書類のやりとりや追加資料の提出、解決策の提案等を随時行います。

5.手続き完了

海外投資をされていたご資金がご指定口座へ無事着金したら手続き完了となります。

送金の予定時期を超過しても着金確認できない場合も時々ありますが、その場合も各社へ照会を行い着金までサポートいたしますので、ご安心ください。

お客様の声(一部抜粋)

おかげさまで、マンインベストメントのファンドが解約できました。ありがとうございました。(東京都在住 男性)

BNY MELLON社からファンドの解約資金が送金されました。本当にありがとうございました。(大阪府在住 夫婦)

ロイヤルロンドンRL360が解約できました。ありがとうございました。(大阪府在住 男性)

インベスターズトラストの積立保険が解約できました。ありがとうございました。(東京都在住 女性)

スタンダードライフの積立保険が解約できました。ありがとうございました。(静岡県在住 男性)

ハンサードの積立保険が解約でき、本日入金がありました。ありがとうございました。(大阪府在住 女性)

フレンズプロビデントの積立保険が解約できました。本当にお世話になりました。(神奈川県在住 女性)

兄のシンガポールの預金の相続手続きが無事終わり、資金を受け取ることができました。ありがとうございました。(静岡県 女性)

HSBC香港の口座が無事解約され、日本の銀行口座に無事資金が入金されました。ありがとうございました。(大阪府 女性)

DBS銀行の口座の解約手続きが終わり、日本の銀行口座に入金されたと銀行から連絡がありました。ありがとうございました。(神奈川県 男性)

ドバイで相続した銀行預金の送金が無事終わりました。ありがとうございました。(大阪府 男性)

アメリカのCITIBANKの口座が解約できました。ありがとうございました。(東京都 男性)

アメリカの銀行口座の未請求資産(Unclaimed Property)が本日返金されました。ありがとうございました。(東京都 男性)

※ここにはすべてを掲載できませんが、その他にも多数の喜びの声をいただいております。

お蔭様でTV出演!マスコミ取材依頼実績等

(過去のマスコミ掲載例の一覧)

1、独立・起業の専門誌「アントレ」2006年9月号(リクルート社・全国の書店、コンビニで販売)に専門家として紹介される。2、2006年11月6日当事務所応接室にてMBS(毎日放送)の取材を受ける。
3、2008年9月30日名古屋テレビ報道特集番組「UP!」に出演。特集で専門家としてコメント。
4、週刊ポスト(2008年11月21日号)49ページに掲載。専門家としてコメント。
5、2009年5月18日NHK国際部より電話取材。専門家としてコメント。
6、2011年10月27日、NHK、産経新聞より電話取材依頼。
7、2012年11月28日、産経新聞北摂版に掲載。
8、2013年3月4日、5日東海ラジオに専門家として出演。
9、2014年1月7日フジテレビ「とくダネ!」より電話取材。
10、2014年11月11日読売テレビ「ミヤネ屋」より電話取材。専門家としてコメント。
11、2015年1月21日、事務所にて読売新聞より取材。専門家としてコメント。
12、2015年4月22日読売テレビ「ミヤネ屋」に国際法務のプロとしてゲスト出演。
13、2016年3月14日、「女性自身」より電話取材。
14.2016年3月15日、読売テレビ「ミヤネ屋」より電話取材。
15.2016年3月17日「読売新聞」より電話取材。
16.2016年7月7日「フジサンケイビジネスアイ」より取材。
17.2016年7月8日「朝日新聞」より取材。
18.2016年9月24日「テレビ朝日スーパーJチャンネル」より取材
19.2018年2月日本テレビ「スッキリ!」で行政書士として紹介。
20.2018年3月、「サンデー毎日」に専門家としてコメント掲載。
21.2018年4月、「ダイヤモンド・オンライン」に行政書士としてコメント。
22.2018年11月、「週刊現代」に海外口座の専門家としてコメント。

<連絡先>

■WEBサイトのタイトル:海外投資・海外口座開設トラブル相談センター

■事務所所在地:〒530-0012 大阪市北区芝田1丁目4-17 梅田エステートビル2F 

(阪急梅田駅茶屋町口より徒歩2分,DDハウス隣、梅田公証人役場斜め前のビルです)

■営業時間:平日10:00~19:00(但し、土日祝日、営業時間外でも電話はつながります)

■事務所名:フロンティア総合国際法務事務所

■代表者氏名:田上 創

■所属:日本行政書士連合会:05262374号

大阪府行政書士会:5117号

■保有資格等:法務省大阪入国管理局届出入管申請取次行政書士

■連絡先

TEL:06-6375-2313

FAX:020-4622-6151

■業務内容

①HSBC香港、DBSシンガポール銀行、バンクオブハワイ等の海外銀行口座の解約代行サポート

②パスポート認証、サイン認証(署名証明)、住所証明等の国際公証業務

③香港、スイス等の生命保険の受給手続き、解約代行サポート

③香港、シンガポール等の海外口座の凍結解除サポート

④香港法人、シンガポール法人、ケイマン島等のタックスヘイブン等の海外法人の信用調査代行

⑤フレンズプロビデント、ハンサード、ロイヤルロンドン(RL360)、スタンダードライフ、メティス、アジアス等の海外積立保険の解約、相続手続き

⑥マン・インベストメント社の海外ファンド解約、相続手続き

⑦HSBC香港、DBSシンガポール銀行、ANZ銀行、バンクオブハワイ等の銀行口座の相続手続き代行

⑧海外投資詐欺の解決のための証拠収集、調査代行

⑨銀行、ファンド会社からの指示書、通知書の翻訳、解読代行

⑩海外登記簿謄本の請求(アメリカ、シンガポール、香港、中国、台湾等)

⑪キャッシュカードの紛失、セキュリティデバイスのロック解除、パスワード失敗によるロック解除等、海外口座のトラブル解決支援

⑫FATCA書類作成支援

⑫海外不動産の相続手続き、プロベート手続きのサポート 等

※その他業務については、お問い合わせください。

※当事務所は、専門家として、厳格な法令順守を心がけております。そのため、金融商品取引法違反となるような海外の金融商品の販売、仲介、紹介等は一切行っておりません。また、脱税の疑いのあるお客様のご依頼は受任できませんのでご了承ください。

国際税務に関する相談については専門外となりますので、当事務所ではご相談いただけません。海外投資に関する税務相談をご希望される方は国際税務を専門とする税理士を無料でご紹介しますので、税理士と有料相談(※通常1時間2~3万円程度かかります)をしていただきますようお願いいたします。

※当事務所は、海外投資を推奨も否定もしておりません。海外投資商品の有益性、価値、解約すべきか否か等は投資家様の判断でお願いいたします。また、違法業者からの業務妨害、誹謗中傷等については、徹底調査のうえ、弁護士等を通じ、法律に基づき、厳正に対応いたします。

■現在まで取り扱いのあった国、地域:アメリカ、韓国、中国、香港、台湾、イギリス、シンガポール、マン島、ガンジー島、ケイマン島、アイルランド、タイ、フィリピン、ベトナム、クック諸島、ニュージーランド、オーストラリア、カナダ、ブラジル等。

(※その他の国も対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください)

■業務地域:全国対応

(※大阪、京都、兵庫等の近畿圏のみでなく、北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、名古屋、福岡、広島等、全国の投資家の方々よりご依頼をいただいておりますので、遠方の方も安心してご依頼ください)

(免責条項)

当サイトを利用される方は、下記の免責事項を必ずお読みください。当サイトのコンテンツを利用された場合は、下記の事項に同意されたものとみなします。

当事務所は、当サイトのコンテンツの正確性の確保に努めてはおりますが、提供している情報に関していかなる保証もするものではありません。当サイトの利用によって何らかの損害が発生した場合でも、当事務所は一切の責任を負いません。当サイトの利用にあたっては、利用者自身の責任において行っていただくようお願いいたします。

当サイト上のコンテンツは、法的アドバイスの提供を目的としたものではありません。

当サイト上のコンテンツやアドレスは予告なしに変更または削除されることがあります。

本ページに掲載している免責事項は、予告なく変更される場合があります。 

当事務所では、法令順守を徹底しておりますので、ファンド等の投資商品の勧誘、紹介、仲介、その他金融商品の助言等は一切行っておりません。投資商品の購入、解約のタイミング等はあくまでご自身の判断で行っていただきますようお願いいたします。

また、為替レートの変動やファンドの運用難、ファンド運営会社の破綻等によりお客様が損害を受けた場合についても当事務所は一切の責任を負いません。

その他、国内、海外双方の税務、法務上のリスク、行政、司法当局との紛争や行政処分のリスク等については全てお客様自身が負いますので、当事務所では一切の責任を負いませんのでご了承ください。

医療法人設立 事業協同組合設立 帰化 就業ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザ・オーバーステイ 韓国相続手続代行 一般社団法人設立 大阪 immigration lawyer japan 匿名組合設立 韓国戸籍翻訳・取寄せ代行  国際離婚 kindle電子書籍出版代行