HSBC香港の解約手続き代行は

国際法務専門の行政書士に

お任せください!

あなたは今、このようなことでお困りではありませんか?

  • HSBC香港の銀行口座を解約したいが、どうしたらいいのかわからない。
  • 銀行口座の開設をしたときのエージェントと連絡が取れない
  • 日本で資金が必要になったので、解約して資金を日本に送金したい
  • 現在高齢のため死亡したときに家族が国際相続で苦労しないようにしておきたい。
  • 銀行口座やファンドが凍結(ロック)されてしまった。
  • HSBCからパスポートの認証が必要という手紙が来た。
  • HSBC香港の口座が長期間利用されていない。
  • HSBC香港で優良なファンドが買えると紹介されたが、連絡がつかなくなった。
  • ATMカードやセキュリティデバイスが使えなくなった。
  • 銀行からCRS報告手続きのレターが来て困っている。

このような場合は、お問い合わせください。

HSBC銀行口座の解約の背景

HSBC香港の銀行口座は日本人に人気の口座です。過去には、非常に高金利であったり、海外送金手数料がとても安く、システムも使いやすいと言われていた時代もありました。

そのため、日本居住者でもすでにHSBC香港口座を持っている人は数多いです。

本を読んだり、セミナーに行ったりして、最初は誰もがフル活用する希望を持って銀行口座を開設します。

しかし、しばらく時間が経つと、口座を維持する必要性をそれほど感じることにできない人が多くなります。

これはなぜなのでしょうか?

これにはいくつか理由がありますが、大きくは以下のような理由です。

HSBC銀行口座の解約の主な理由

1.英語でのやり取りが難しい

英語が全くできないので、当初口座開設ツアー等で香港に渡航し、HSBC香港の口座を開設したようなケースは、英語でのやりとりにうんざりするケースが多いです。

最初は日本語でしっかりとサービスしてくれた口座開設業者も口座開設後は連絡すらつかない。。。

そんなことも多いようです。

そうすると、英語で手続きの苦手な日本人は困ってしまいます。

2.投資意欲が薄れてきて利用する必要性を感じなくなる

一旦海外の口座を使ってはみたいと考えたものの、時間がたてば日々の生活に追われ、投資意欲が薄れてくることもあります。

そうすると、解約して日本で運用したほうがよい、と考える人もいます。

3.死亡した後の相続手続きが大変

HSBC香港銀行では口座の唯一のが死亡するとその口座は一旦凍結されてしまい、引き出せなくなります。

そんなとき親族が相続人として口座内の資金を取り戻すことになります。

しかし、日本と香港では相続法制が全く違い、被相続人の預金を引き出すには相続裁判(プロベート手続き)が必要になります。

そのため、証明書類の翻訳や日本の専門家、香港の弁護士等に依頼し、手続きをとること必要で多大な手間と時間、そして費用がかかることになります。

そこで、まだ元気なうちに解約しておこう、と考える方も多いようです。

4.HSBCからCRS報告手続きをするよう手紙が来たり、本人確認書類を出すよう言われて困る

近時、マネーロンダリングの防止や脱税防止の観点から、CRS報告手続きや本人確認手続きを求められて困っている口座保有者が多数いるようです。

CRS報告手続きも、住所、氏名、マイナンバー等を記入する簡単なものですし、本人確認も主要なポイントはパスポートの確認ですから、手続きそのものは複雑ではありません。

しかしながら、口座開設時に「全く英語がわからくなくても大丈夫」と言われ、本当に全く英語がわからないのに口座開設してしまい、レターが来てもどう対応したらいいかわからず放置してしまう、というケースが非常に多いようです。

CR報告手続きの意味が分からない、という方は参考記事:CRS報告基準とはを参照してください。

以上のように、HSBC銀行の口座を解約したい理由は人により様々です。ですが、目的も不明確で、言われるまま何となく口座開設してしまい、後で解約したくなってしまうケースが多いようです。

HSBC香港銀行の口座解約手続きの方法

HSBC香港の口座を解約するには2通りの方法があります。

具体的には、①現地へ行って窓口で手続きする方法と②書類の郵送で手続きをする方法です。

時間が自由な方は現地で手続きをする方が早いですが、現地では日本語はほぼ通じませんので、広東語か英語で解約手続きを行う必要があります。

そのため、英語ができない方が現地に出向いても解約できなかったという事例は多々あります。

そこで、当事務所では、所定のフォームとその他必要書類を提出する形で、HSBC香港の解約手続きをサポートしています。

手続きの際は、一般に、以下のような指示が必要です。

①ユーロ、米ドル等複数の外貨預金口座に分散している場合は外貨預金口座に入っている資金の両替の方法

②定期預金を組んでいるときはその解約と振替方法

③投資口座を開設し、株式や債券やファンドを保有している場合はその売却手続きと資金の移動方法

④クレジットカードを持っていたり、口座からの自動引落し支払いを設定している場合は、カードの解約と引き落とし停止処理

HSBC香港銀行の解約手続きは素人には困難

確かに解約手続きは自分の口座なので、本人が手続きできるのが原則です。

しかし、多くの場合最初に提出した書類の記載事項には不備があって何度かやり直しをすることになります。

さらに、やりとりはすべて英語か広東語なので、日本人にはハードルが高いです。

また何度もやり直しをすると、より手続きが複雑になることもあります。

当事務所のサービス

そこで、HSBCの銀行口座解約手続きでお困りの方の為、当事務所では、HSBC香港の解約手続き代行サービスを行っております。

HSBCの口座は閉鎖したいけれど、どうしたらいいかわからない方は、自分だけで判断せず、まずは専門家に相談するようにしてください。

当事務所でもHSBCの銀行口座解約手続きをサポートしていますので、英語でのHSBCとのやりとりが不安な方は、弊社にお任せください。

なお、解約した資金はHSBC香港よりご本人様に直接振り込まれます。当事務所ではお客様の資金をお預かりすることはございませんのでご安心ください。

1.HSBC香港解約手続きサポート:90,000円(税別)

・弊社担当がHSBCの解約書類作成を解約完了までサポートいたしますので、自分で行うよりスムーズに解約できます。また現在まで依頼者の方ほぼ全員が無事解約できております

※本人確認手続については、本人での対応が必要です。

口座凍結されている場合、HSBCに登録したパスポートの期限が切れている場合、その他本人確認や情報確認が必要な場合は必ず本人が香港へ行って本人確認をする必要がありますその際の同行、通訳サポートは上記料金に加え、別途費用が加算されます。

※HSBC香港の銀行口座解約手続きについての電話、メールでの個別相談のみ必要な場合は¥5000円(税別、30分)にて承りますので、電話もしくはメールでご予約をお願いいたします。

(相談料は後にご依頼された場合、業務報酬に組み込みますので実質無料となります)

2.HSBC香港口座凍結確認サービス:30,000円(税別)

・長期的に口座間の資金移動がない場合、口座が凍結されている可能性があります。そこで、弊社がお客様の口座が凍結されているかどうかにつき確認いたします。なお、口座残高、保有ファンド等資産の状況については確認できませんので、ご了承ください。

3.HSBC香港CRS報告サポート:25,000円(税別)

HSBC香港へのCRS報告の方法がわからない方へのサポートを行います。

4.HSBC香港に関するトラブル相談:30分5000円(税別)

上記外のトラブルについては、まずはご相談からスタートとなります。ずっと悩んでいるより、まずは相談する勇気が大切です。

その他、スタンダードチャータード銀行、BOOM証券、KGI証券、HSBCオフショア(ジャージー島)、HSBC中国、HSBCシンガポール等の解約代行サービスも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

5.HSBC香港口座凍結解除サポート:90,000円(税別)

・現地の担当スタッフがHSBC香港へ同行し、解約完了までサポートいたしますので、自分で行うよりスムーズに解約できます。また現在まで依頼者の方ほぼ全員が無事解約できております。

※口座凍結されている場合、その他本人確認や情報確認が必要な場合は必ず本人が香港へ行って本人確認をする必要があります。日本にいたままでの完全代行はできませんのでご了承ください。

※HSBC香港の銀行口座解約手続きについての電話、メールでの個別相談のみ必要な場合は¥5000円(税別、30分)にて承りますので、電話もしくはメールでご予約をお願いいたします。

(相談料は後にご依頼された場合、業務報酬に組み込みますので実質無料となります)

6.インターネットバンキングの登録サポート:5万円+税

インターネットバンキングの登録方法等につき、サポートいたします。

7.セキュリティーデバイスの設定、手配等:5万円+税

セキュリティデバイスの設定手続き、AMTカードの再発行手続きのサポートを行います。

8.ATMカード関連サポート:5万円+税

・ATMカードロック時のロック解除手続き、AMTカードの再発行手続きのサポートを行います。

HSBC関連のトラブルは多岐にわたりますので、上記に記載されていないご要望も多数承っております。

実際は、お問い合わせいただいたほとんどの問題が解決可能ですので、「もう無理・・・」とあきらめてしまう前に、是非一度お問い合わせください。