インベスターズトラストの解約は

プロにお任せください!

インベスターズトラストに関して

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 契約した業者が行方不明になってしまった
  • 積立保険の契約書類をなくしてしまった
  • 子供の教育資金が必要になったから積立の金額を引き出したい
  • 運用実績があまりよくないから今すぐ積み立てを停止したい
  • 仮想通貨等別の投資先にスイッチしたい

インベスターズトラストとは

インベスターズ・トラスト・アシュアランス はケイマン諸島にある国際的な保険会社です。

ケイマン諸島での保険会社の審査は厳しいので、インベスターズトラスト社自体は詐欺ではありません。

そして、インベスターズトラスト社で日本でたくさん売られていたのは、海外個人年金の投資商品である「エボリューション」という25年満期の金融商品です。

このエボリューションは毎月500ドル(月約5万円)をクレジットカードからの引き落としで自動で積み立られ、25年で満期を迎える金融商品です。

1ドル100円換算で1年間で60万円、25年間では1500万円の投資金額になります。

この内容自体は詐欺ではなく、契約通りではありますが、一般投資家にとっては、不利な契約がされており、様々な不利益を受けることがあります。

インベスターズトラストの問題点

1.契約してから2年間は解約できないという説明が頻繁にされている

インベスターズトラストのエボリューションの契約者からは、「契約してから最初の2年間は解約が出来ないと説明された」という声を多く聞きます。

しかし、実際には解約することが出来ます。

ではなぜエージェントは「契約してから最初の2年間は解約が出来ない」という詐欺のような説明をするのでしょうか。

これは、同商品の2年分の積み立て資金がエージェントに払われる手数料の原資となるからです。

つまり、早期解約されるとエージェントの取り分が減ってしまう仕組みとなっているんです。

そのため、仮に契約してすぐに解約した場合、解約手数料で2年分の積立金約12,000ドル(約120万円)かかります。

つまり、この最初の2年分の積立金12,000ドルはエージェントに払う手数料の原資なのです。

だから仲介者や保険のエージェントは契約時に「最初の2年間は積立が必ず必要です」と強調して説明するのです。

2.オフショア投資は節税にならない

日本では株式投資の利益については原則20.42%の税金がかかります。しかし、オフショア地域では株や投資で得た利益は現地では非課税になります。だから海外積み立てで出た利益は税金を取られることがなく、節税になるという説明が頻繁にされているようです。

しかしこれは誤りです。

仮にオフショア積立保険で儲けても日本にお金を持ってくれば税金がかかるので、結局節税になりません。

日本ではNISAや確定拠出年金等、本当に非課税の商品がありますが、オフショア積立保険に投資した場合、非課税にはなりません。

オフショア積立保険は「保険」という名目にはなっていますが、事実上ファンドのようなものですので、利益が出れば、確定申告、納税が必要となります。

 

3.解約手続きが面倒

通常、日本の株式やFXに投資している場合、やめようと思えばすぐに解約が可能です。

しかし、インベスターズトラストは解約をしたいと思ってすぐに解約できるわけではありません。

理由は2つあります。

①海外のIFAを通して解約するのが一般的であること

インベスターズトラストは契約の時は丁寧に説明を受け、担当者の人と会って契約した方が多いと思います。

しかし、解約の時は大体において紹介者は連絡がつかなくなったり、サポートを渋ることが多いです。

そのため、自分で海外のIFA【注】を通して解約の手続きをしないといけないので、とても面倒です。

【注】IFAとは、Independent Financial Advisor(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)のことです。

IFAとは独立・中立的な立場から資産運用のアドバイスを行う専門家です。

日本では「独立系ファイナンシャルアドバイザー」とも呼びます。

簡単に言うと、金融機関から独立した資産運用アドバイザーであり、金融商品の仲介も行える業者です。香港やケイマン島などのオフショアには多くのIFAがあります。

このIFAは日本人がインベスターズトラストと契約している場合、通常は香港にあることが多いです。

多くの場合、日本語が通じず、やりとりは英語となります。手続きが完了するまでには、かなりうまくいっても、1ヶ月~2か月ほど時間がかかってしまいます。

 

②解約手続き完了までのやりとりが原則英語であること

インベスターズトラストは海外の会社なので、上記の通り、フォームやメール等は全て英語です。

ですから、英文書類を理解できるかなり高度な英語力がないと、何をどうしたらいいかわからず、いつまでたっても解約できず、毎月の積立金ばかりがどんどんなくなっていく。。。という事態になります。

そのため、一刻も早く解約したいのに、どうしたらいいかわからない、という方がとても多いのが特徴です。

よくある質問

Q.遠方ですが、依頼できますか?

A.はい、全国対応でサポートしておりますので、大丈夫です。

Q.私の場合、いくら返金されますか?

A.契約書と支払い状況をお知らせいただければ、5万円+税で概算額を調査します。ただし、実際の返金額は解約時の運用成績によりますので、概算額であること、ご了承ください。

Q. インベスターズトラストのファンドを解約した場合、御社に依頼すると契約内容より多くの額が返ってくるのですか?

A.実際の返金額は、契約内容と運用成績によって決まります。ですので、契約内容より多くの額が返ってくるわけではありません。もっとも、解約ができないと返戻率はそもそも0%ですし、解約後の資金はすべてお客様の口座に振り込まれますので、ご依頼いただくメリットは大きいかと思います。

Q.依頼すれば、確実に返金されるのですか?

A.どんなものでも、100%確実というものはありません。ただ、現在のところ、受任したケースについては、100%解約できていますので、ご安心ください。

 

当事務所のサービス

当事務所では、10年以上にわたり、海外ファンドの解約や英文書類の作成、公証等を行ってきました。

そのため、今までストップしていた手続きを速やかにすすめることが可能です。

インベスターズトラストの解約でお悩みの方は、一人で悩まず、どうぞお気軽にご相談ください。

1.インベスターズトラスト解約代行サービス(標準報酬):19万8000円+税

・インベスターズトラストの解約を代行します。解約金がお客様の口座に振り込まれるまで、徹底的にサポートいたしますので、安心してご依頼ください。

2.インベスターズトラスト解約返戻金事前調査サービス:5万円+税

・「解約してもほんの少ししか返ってこないのでは?」という方のため、お客様がインベスターズトラストの積立保険を解約した場合に返ってくる額の概算調査をサポートします。ただし、解約時期や運用成績により変動しますので、実際の返金額とは異なりますので、ご了承ください。

・ケースによっては、別途公証や翻訳等の実費がかかる場合があります。その場合は、別途費用になりますのでご了承ください。

対応地域:全国対応です。東京、福岡、札幌等、遠方の方も多数ご依頼いただいております。郵送やメール等で手続きは可能ですので、地域を問わず、安心してご依頼ください。

お問い合わせ

※インベスターズトラストについての解約手続きについては、現在100%完了しています。ただし、契約からの年数が短い場合は、当初の契約に基づき、かなり多くの解約手数料が引かれた形で返金されますので、ご注意ください。