シティバンクの解約手続き代行は

海外口座専門の行政書士に

お任せください!

あなたは今、このようなことでお困りではありませんか?

  • とにかく早くCITIBANK銀行の銀行口座を解約したいが、どうしたらいいのかわからない。
  • 銀行口座が凍結(ロック)され、政府に移管されてしまった。
  • シティバンク銀行から住所やパスポートの認証が必要という手紙が来た。
  • 日本で資金が必要になったので、解約して資金を日本に送金したい
  • 現在高齢のため死亡したときに家族が国際相続で苦労しないようにしておきたい。
  • ATMカードやセキュリティデバイスが使えなくなった。
  • 銀行からCRS報告手続きのレターが来て困っている。

このような場合は、まずはお問い合わせください。

シティバンク銀行口座の解約の背景

CITIBANK銀行は世界中にネットワークがあり、世界有数のメガバンクです。

そのため、外国人だけでなく、日本人もすでに海外のシティバンク銀行に口座を持っている人は数多いです。

アメリカの駐在員時代や米国留学時代は最初は誰もが必要性があるから銀行口座を開設します。

しかし、しばらく時間が経つと、口座を維持する必要性をそれほど感じることにできない人が多くなります。

これはなぜなのでしょうか?

これにはいくつか理由がありますが、大きくは以下のような理由です。

シティバンク銀行口座の解約の主な理由

1.英語でのやり取りが難しい

現地業者の日本語サポートで口座を開設したようなケースは、英語でのやりとりにうんざりするケースが多いです。

最初は日本語でしっかりとサービスしてくれた口座開設業者も口座開設後は連絡すらつかない。。。

そんなことも多いようです。

そうすると、英語で手続きの苦手な日本人は困ってしまいます。

2.投資意欲が薄れてきて利用する必要性を感じなくなる

一旦USドル預金やファンドの購入のため、海外の口座を使ってはみたいと考えたものの、時間がたてば日々の生活に追われ、投資意欲が薄れてくることもあります。

そうすると、解約して日本で運用したほうがよい、と考える人もいます。

3.死亡した後の相続手続きが大変

シティバンク銀行では口座の唯一のが死亡するとその口座は一旦凍結されてしまい、引き出せなくなります。

そんなとき親族が相続人として口座内の資金を取り戻すことになります。

しかし、日本と米国では相続法制が全く違い、被相続人の預金を引き出すには相続裁判(プロベート手続き)が必要になります。

そのため、証明書類の翻訳、公証や日本の専門家、アメリカの弁護士等に依頼し、手続きをとること必要で膨大な手間と時間、そして費用がかかることになります。

そこで、まだ元気なうちに解約しておこう、と考える方も多いようです。

4.シティバンク銀行からCRSの報告手続きをするよう手紙が来たり、本人確認書類を出すよう言われて困る

近時、マネーロンダリングの防止や脱税防止の観点から、CRS報告手続きや本人確認手続きを求められて困っている口座保有者が多数いるようです。

CRS報告手続きも、住所、氏名、マイナンバー等を記入する簡単なものですし、本人確認も主要なポイントはパスポートの確認ですから、手続きそのものは複雑ではありません。

しかしながら、口座開設時に「全く英語がわからくなくても大丈夫」と言われ、本当に全く英語がわからないのに口座開設してしまい、レターが来てもどう対応したらいいかわからず放置してしまう、というケースが非常に多いようです。

CR報告手続きの意味が分からない、という方は参考記事:CRS報告基準とはを参照してください。

以上のように、CITIBANK銀行の口座を解約したい理由は人により様々です。ですが、目的も不明確で、言われるまま何となく口座開設してしまい、後で解約したくなってしまうケースが多いようです。

シティバンク銀行の口座解約手続きの方法

では、具体的に解約したい場合、どのような手順を踏めばいいのでしょうか?

この点、アメリカのCITIBANK銀行の口座を解約する場合は、いくつか方法があります。

具体的には、①現地へ行って窓口で手続きする方法と②書類の郵送で手続きをする方法です。

時間が自由な方は現地で手続きをする方が早いですが、現地では日本語はほぼ通じませんので、英語で解約手続きを行う必要があります。

そのため、英語ができない方が現地に出向いても解約できなかったという事例は多々あります。

また、アメリカへ行くには飛行機で最低10時間以上かかりますので、簡単に行くことはできません。

そこで、当事務所では、所定のフォームや解約レターとその他必要書類を提出する形で、アメリカのCITIBANK銀行の解約手続きをサポートしています。

手続きの際は、一般に、以下のような指示が必要です。

①ユーロ、米ドル等複数の外貨預金口座に分散している場合は外貨預金口座に入っている資金の両替の方法

②定期預金を組んでいるときはその解約と振替方法

③投資口座を開設し、株式や債券やファンドを保有している場合はその売却手続きと資金の移動方法

④クレジットカードを持っていたり、口座からの自動引落し支払いを設定している場合は、カードの解約と引き落とし停止処理

※ただし、個人の口座状況によって必要書類は大きく異なりますし、米国は銀行内で統一的な処理がされていないので、担当者によって必要書類も変わってきます。

CITIBANK銀行の解約手続きは素人には困難

確かに解約手続きは自分の口座なので、本人が手続きできるのが原則です。そのため、まずは自分で手続きを試みる方は多いです。

しかし、多くの場合最初に提出した必要書類や書類の記載事項には不備があって何度もやり直しをすることになります。

さらに、やりとりはすべて英語なので、日本人にはハードルが高いです。

また何度もやり直しをすると、より手続きが複雑になることもあります。

そのため、多くのケースで努力は徒労に終わり、専門の事務所に手続きを依頼されます。

当事務所のサービス

そこで、シティバンク銀行口座解約手続きでお困りの方の為、当事務所では、口座解約手続き代行サービスを行っております。

銀行の口座は閉鎖したいけれど、どうしたらいいかわからない方は、自分だけで判断せず、まずは専門家に相談するようにしてください。

なお、解約した資金は通常銀行よりお客様の下に小切手が送られてくる形となります。

当事務所ではお客様の預金をお預かりすることはございませんのでご安心ください。

1.CITIBANK銀行に関するトラブル相談:30分5000円(税別)

上記外のトラブルについては、まずはご相談からスタートとなります。ずっと悩んでいるより、まずは相談する勇気が大切です。

銀行の銀行口座解約手続きに以外についての電話、メールでの個別相談のみ必要な場合も¥5000円(税別、30分)にて承りますので、電話もしくはメールでご予約をお願いいたします。

2.CITIBANK銀行解約手続きサポート:150,000円(税別)

・弊社担当がCITIBANK銀行の解約書類作成を解約完了までサポートいたしますので、自分で行うよりスムーズに解約できます。また現在まで依頼者の方ほぼ全員が無事解約できております

※電話等での本人確認が必要なケースについては、本人での対応が必要です。

口座が凍結され、政府に移管され、Unclaimed Property になっている場合、通常の手続きでは解約できません

3.CITIBANK銀行口座凍結確認サービス:30,000円(税別)

・長期的に口座間の資金移動がない場合、口座が凍結されている可能性があります。そこで、弊社がお客様の口座が凍結されているかどうかにつき確認いたします。

4.CITIBANK銀行口座凍結解除サービス:250,000円(税別)~

アメリカで長期間口座を利用せず放置していた場合等は、Unclaimed Propertyとして、州政府に管理が移管されます。

この場合、通常の処理よりも多くのことを行うことが必要で、かなり難しい手続きを要求されます。

そこで、国際法務の専門家がサポートにあたります。

難易度は高く、時間もかかりますが、現在までのお客様は全員資金を日本に戻せていますので、安心してご依頼ください。

5.CITIBANK銀行CRS報告サポート:25,000円+税

HSBC香港へのCRS報告の方法がわからない方へのサポートを行います。

アメリカだけでなく、CITIBANK香港、CITIBANKシンガポール等、世界各国の銀行口座解約代行サービスも承っておりますので、お気軽にご相談ください。