日本ではあまり知っている人はいませんが、PNC BANKはアメリカで9番目に大きい銀行です。
この銀行は、アメリカに駐在員で駐在していたり、アメリカの大学に留学したりしているときに口座開設する方が多いようです。

そして、PNC BANKはクロスボーダー送金を行う際にXRPを利用したネットワーク「RippleNet」の利用が開始されるなど、先進的な考えを取り入れる銀行であるイメージです。

一方、アメリカに駐在員で駐在していたり、アメリカの大学に留学したりしているときに口座開設したPNC BANKの口座を解約せず帰国してしまうことが多いようです。

しかしながら、アメリカのPNC BankはCITIBANKやBANK OF AMEARICAなどの大手銀行ほどの知名度もく、日本人の口座開設者も少ないため、口座開設した方の解約方法、手続き等のが非常に少ないのが現状です。

また、日本語がわかる担当者は皆無ですから、やりとりは全て英語で、しかも金融用語がたくさんでてきますし、日本の銀行とは違い、スピーディーに処理してくれるわけではありません。

そのため、実際は、日本に帰国後、自分でPNC BANKの解約をしようと思うと、非常に困難なのが原則です。

でも、ご安心ください。

当事務所は、現在まで、ご自身ではどうしてもできなかったPNCBANKの解約を100%成功させております。

書類の準備から解約に至るまで、全力でサポートさせていただきますので、どうぞ安心してご依頼ください。

【標準費用】

PNCBANK解約代行サポート:20万円+税