香港では生命保険への加入は一種の投資と考えられており、香港人は5~10種類の生命保険に入っていることは普通にあるそうです。

一方で、通常、香港では、非居住者への生命保険の販売は原則として禁止されています。

そのため、日本居住の人は、HSBC香港やスタンダードチャータード銀行等の海外銀行口座を開設したり、海外のファンドを購入したりすることは可能ですが、香港の生命保険には加入できません。

しかし、日本から香港には、沢山の駐在員が派遣されています。

そして、駐在員のような香港居住者については、香港の生命保険への加入も可能です。

ですから、家族の将来のことも考えて、香港駐在時に香港の生命保険の契約をすることも少なくありません。

そしてその際に、受遺者が年金方式で受け取るか、一括で受け取るか等の選択も可能です。

一方で、駐在員はいずれ日本に帰国します。

その後、日本で死亡した場合は、香港の生命保険を妻や子供などが死亡保険金を受領することになります。

しかし、ここで問題が起こります。

多くの場合、遺族は香港の生命保険がどのような内容か、詳しくは知りません。

しかも、保険証書は英語や広東語で書かれており、保険や金融の難解語のオンパレードです。

これでは、生命保険金の請求のしようがありません。

そのため、非常に困った事態となってしまうのです。

でも、ご安心ください。

当事務所では、香港の生命保険金の請求でお困りの方のため、海外生命保険金請求の代行サポートを行っております。

香港の生命保険金の請求でお困りの方は、まずはお気軽にご相談ください。